2010/05/12

五月花形歌舞伎をトライデントデザインの学生達と。

2010年5月12日(水)
デザインの授業で「五月花形歌舞伎」を御園座へ観に行ってきた。
歌舞伎をテーマにデザインを行うためである。
日本の伝統をどうデザインに落としてくれるか楽しみである。
「わびさび」「はんなり」「こころ」..... 。

渡邉勝則のデザインには、日本の「わびさび」が必ず入っている。
文字であり、色であり、形である。
そんなデザインをわかってもらえれば、今日のこの時間が生きてくるのである。

とは言っても、この笑顔はなんだろう。
授業では見れないこの「顔」。
「食べる」には、デザインが勝てないのかも...。
でも、この子達のこの笑顔と1年間過ごせるのは楽しい日々なのかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿